Category: Member Blog


こんにちは!インターンの望月です。

「天国にいちばん近い島」と言われているニューカレドニアへGWに4泊6日間行ってまいりました!



今回のニューカレドニア旅の参加人数は男性3名。



 

初めは少人数かつ男性のみという寂しさがありましたが、

◯自然が織りなす見たことのない絶景

◯透き通る美しい海での様々なアクティビティ

◯非日常的な豪華な食事

◯落ち着きがある欧州の綺麗な町並み、

とても充実した6日間を存分楽しめました\(^o^)/

 

私にとってニューカレドニアと聞いてあまり馴染みがある旅行先ではありませんでしたが

現地に行ってみると「満足度の高い旅」だったので実際の旅程に沿って魅力を紹介させていただきます!!

 

まずは、ニューカレドニアについてかるーくご紹介!!

 

ニューカレドニアの位置する場所は

オーストラリア大陸の東、ニュージーランドの北西にある南半球に位置します!

日本からは直行便で8時間30分ほど。日本から直行便が出ていることに感動。。。



フランスの海外領土であるニューカレドニアはどこか欧州の雰囲気を持ち、



思っていた以上に日本人を受け入れてくれる国でした。

上の写真は広場にあった旗で、フランスと隣国であるオーストラリアと何故か日本の国旗が入っていました(笑)

 

紹介はこれくらいにして、実際のスケジュールに沿って今回の旅を紹介していきます(^^)

 

まずは1日目(4/28)

昼の12時フライトだったため、余裕を持って羽田へ向かいました。



フライトが9時間近くとのことだったので一緒にいたメンバーは就寝。

僕も途中まではぐっすり寝れましたが、途中で乗り物酔いするという幸先悪いスタートでした。。。

 

ニューカレドニア首都ヌメア到着まで数時間のところで夕食タイム!



ニューカレドニアのご当地ビール、その名は「マンタビール」。缶のイラストがマンタが描かれ可愛いデザインでした。



 

種類は、レモンビールのようなさっぱりとした味わいの「CITRON」と

コクのある一般的なビールに近い「GOLD」の2種類をメンバーと共有して頂きました!

個人的には「CITRON」の方がさっぱり飲みやすく新鮮でした!

味、デザイン、コスパの3つから、「これはお土産に買おう」と思えるオススメのお土産の1つでした\(^o^)/

 

無事ヌメアに到着。夜11時過ぎでしたので着いた頃には真っ暗。



ニューカレドニアに着いてまず思ったことは、気候の良さ。

夜間は涼しく、湿度も高くないため快適な旅ができそうと高まりました!

 

空港からホテルまで一時間ほどバスを走らせ、夜中の1時すぎにホテル到着。

ホテルからの夜景がとても綺麗でした。


そして、待ちに待った2日目(4/29)

1日目はほぼ移動だったこともあり、実質ニューカレドニアでは1日目!

 

前夜はホテルに着きすぐ寝たものの、寝たのは3時過ぎ、、

2日目は朝6時半ロビー集合というハードスケジュール。。。

ただ2日目の予定は今回の旅の目玉である「ウベア島」。

移動手段は国内線の飛行機移動。



国内線は小型の飛行機でデザインが可愛かったです\(^o^)/

 

そしてそして!!

ウベア島!



当日はあいにくの天気ではあったものの、太陽が雲の間から顔を出すときは透明な海に反射して幻想的でした。

これがまさに天国に近い島なんだと旅をしてみて感じました。

 

白い砂浜に、エメラルドグリーンの海。


上の集合写真を撮った場所は「ムリビーチ」と言われるウベアでも有名なビーチでしたが、GW初日だったこともあり、ほぼプライベートビーチでゆったりと過ごせました!

 

ウベア島でのランチはフランス料理らしく豪華でおしゃれ。



特にヤシガニのボイルは写真でも伝わるインパクトと、身がぎっしり詰まっていてとても美味でした。。



驚いたことにティータイムがありました!(笑)

ニューカレドニアでは、おやつの時間に紅茶と軽食を頂きながらまったり過ごす文化があるそうです。



ウベア島で思ったことは、海外のリゾート地と比べるとあまり発展していなくて、

まさに「自然が作り出した絶景」という印象でした。

 

他のメンバーは海に真っ先に行ってしまったため自分だけ現地の子たちと記念撮影。

少しだけ一緒にサッカーしました(笑)





ゆっくりとしたウベアでの時間もあっという間に過ぎ、、

 

本島に戻ってからは、みんなでホテル近くのレストランで夕食。



やっぱフランス人が多かったですね。。

明るい雰囲気には少し飲まれそうになりました。。



僕たちがゆっくり過ごしていると、フランクにフランス人が話しかけてくれて、つたない英語で馴染めたのものの国民性が出るなと感じました。。

 

そして3日目(4/30)

気持ちの良い天気!ホテルからの景色が良かった!

思わず集合写真(笑)



優雅な朝を過ごし、本日はポンツーンでのシュノーケリングと体験ダイビング。

ボートで移動しポンツーンへ!



ポンツーンは英語で浮島を意味します。

気になるポンツーンはこんな感じです!




ランチはお肉か魚で前日にシーフードだったので牛肉をチョイスしました!

お肉はニュージーランドとオーストラリアが近いので美味しいお肉でした。



体験ダイビング写真!すごい透明でお魚が綺麗でした〜




海がきれいなのはもちろんですが、初のダイビングですごく緊張しました。。

実際に潜ってみると近くに魚がいたりサンゴ礁が綺麗で楽しかったです!

 

ポンツーンでのダイビング終了後、本島に帰ってくるのが早かったので、少し街をぶらり。

イタリアのジェラート屋さん。花柄みたいな盛り付け。


海辺の芝生でまったり。。



ふらっと立ち寄ったコンビニのようなミニスーパーで。

フランスパンが無造作に陳列。。フランスっぽさなのかもしれないですね。。。



 

実は翌日がメーデーで日曜日ということでお店が半数近く閉まっていました。笑



メーデーの日に働くと給与を倍払わなければならないらしい。

基本的に朝早くオープン、夕方には閉めてしまう店が多く、のんびりした文化でした。。



 

移動しているときに目に入り気になっていた水上コテージのお店でディナー。

雰囲気がとても良きでした。



コテージの下にはフランスパンを投げると小さいサメがうようよ近づいてきて可愛かったです。



自分以外の二人はフィレ肉のステーキを。



僕は「100gで1,300円程の伊勢海老」に気になり、200gほど注文してみることに。

注文してみると、SかMかLのサイズで聞かれ、、、

怖がりながらもSサイズで注文。

出てきた伊勢海老はこちら。



まずサイズの問題よりも美味しそうと先に感じました。。

ただ冷静に考えるとSサイズにしては大きいなとの印象。。

お会計してみると、8,000円ほどのお値段。日本で言う時価のお料理でした(笑)

今となれば良い思い出ですが、エビなのに◯◯◯gでの料理の時点で気づけばよかったです。。

 

そして4日目(5/1)

7時頃にホテルを出発。国内線でイルデパン島へ。
飛行機から他の島がとても綺麗でした。

 



イルデパン島の良さは何と言っても綺麗なこと。

 当然ながら海も砂浜も綺麗。特にビーチは世界でもトップクラスの細かさだとか。

ニューカレドニア初日のウベアといい、

この綺麗さが当たり前になってしまうかのようにニューカレドニアはどこも綺麗でした。。。


下の写真は単なる岩山の見えますが、現地の人にとっては神聖な場所らしいです。

岩山の下のほうが浸食しており外観が神秘的でした。



午後はメインビーチから少し移動。

バスから降り、現地の方に先導されて道なき道を歩き続けること30分ほど。

 

そこに現れたのは、「天然の温水プール」!!

海と間には岩が拒むことで波一つ無い天然のプールがそこにはありました!


昼間に食べたフランスパンを忍ばせ持ってきたのは大量の魚が寄ってくるため。

あまりの大群にびっくりしました。。



南太平洋の宝石箱とも言われるイル・デ・パン。

オーストラリアからの豪華客船が来るなど確かにリゾート地として栄えている点、ウベアとはまた違った素敵な場所でした!

最終日、5日目(5/2)
最終日はまったりヌメア観光、、の予定がホテルから見えている島にタクシーボートで行ってみようと最終日も行動的でした\(^o^)/

向かった先はメトル島!



近づくとわかりやすいですが、水上コテージのホテルがズラーと並んでいます。

 



実はこのメトル島、前日のポンツーンツアーの際に他の観光客の方からのオススメで来ました!

何と言っても、野生のウミガメが浅瀬で出会えるからです!



こんなに大きなウミガメは見たのが初めてで、海が透き通っている分海を飛んでいるかのようにスイスイ泳いでいました!




メトル島を満喫し、午後から公共のバスを使いヌメア中心街へ。

 

中心部の広場では現地の人達が音楽を流し、みんな陽気でした\(^o^)/



 

今まで予定が盛り沢山だったため、スーパーがどこも6時ころには閉まってしまうため、お土産調達になればと大型スーパーへ向かいました!



まさに海外のスーパーと言わんばかりの彩り、そしてあまり読めないフランス語。



最終日、そして初めてのバスということで早めの撤退(笑)

疲れ果ててバスを待ちます。


 

ホテルに到着後、すぐさま空港へ移動し夜中発のフライトで帰国しました\(^o^)/



 

実際にニューカレドニアに行ってみて、とっても良かったです。

最初は3人、しかも男性のみでの新婚旅行地のニューカレドニアに乗り込むなんて、

この「trippiece」という場でしかできない経験だと思いました!(笑)

お二人から色々ためになる話が聞けたりと自分にとって有意義ですごく刺激的な旅、

そして男旅ならでは気を使わず全力でアクティビティを楽しめたり、親日でフランクな国民性があったりと。

ニューカレドニア自体満足度の高い旅先で今までの旅の常識を変えてくれた気がします!


 

長くなりましたが、ニューカレドニアの魅力を存分伝えられたのではないでしょうか。

以上、GWニューカレドニア旅でした\(^o^)/



こんにちは。trippieceインターンの長嶋です。

先日、南アフリカ企画へ12名で行ってきましたので、その様子を報告します!

 

ちなみに参加した12名は全員が20代~30代で、うち4名が男性、8名が女性でした。



 

アフリカ大陸の一番南に位置する南アフリカ共和国。

2010年に行われたサッカーワールドカップを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

 

実際に行ってみると、南アフリカは「非日常」を体験するのに最高の旅先だと感じました!

サファリで野生動物に出会い、テーブルマウンテンや喜望峰といった絶景に酔いしれ、美味しい料理とワインを楽しめる、魅力が尽きない国です。



今回の企画では、下記のスケジュールで南アフリカを大満喫してきました!

3/14 成田✈香港✈ヨハネスブルグ

機中泊

3/15 ヨハネスブルグ到着後、国内線に乗り継ぎクルーガー国立公園へ

クルーガー国立公園にてナイトサファリ

クルーガー国立公園付近のロッジ泊

3/16 早朝のサファリを楽しんだ後、ブライデ・リバー・キャニオンのツアーへ参加

クルーガー国立公園に戻った後、2回目のナイトサファリ

クルーガー国立公園付近のロッジ泊

3/17 早朝のサファリを楽しんだ後、ヨハネスブルグ経由でケープタウンへ移動

ケープタウン泊

3/18 テーブルマウンテン、ケープ半島、喜望峰を巡る1日ツアーへ参加

ケープタウン泊

3/19 終日フリータイム

ケープタウン泊

3/20 ケープタウン✈ヨハネスブルグ✈香港

機中泊

3/21 香港✈成田

 

成田から南アフリカの玄関口、ヨハネスブルグまでは香港経由で約20時間のフライト。かなりの長旅です。

成田空港で集まったメンバーは10名。出発前に一度顔合わせ会を行いましたがほぼ初対面。

しかし、挨拶を交わすと、1週間一緒に過ごす仲間ということもあり、皆さんすぐに打ち解けておしゃべりし始めます。

香港からヨハネスブルグまでのフライトは南アフリカ航空。

いよいよアフリカへ行くんだなという実感が湧いてきます。



長旅を終え、いよいよ南アフリカへ到着です。

まず向かったのは、野生動物の宝庫、クルーガー国立公園。





空港からロッジに向かう間に早速動物に出会いました!

これはシカの仲間のインパラという動物です。



シマウマにも遭遇しました。



宿泊するロッジは大草原のど真ん中に位置していますが、設備は整っており、快適な滞在でした!



夕食後、早速ナイトサファリへ!

動物たちは見えにくいものの、昼よりも夜の方が活発な動物も多いそうで、遭遇確率は高いんだとか。



ライオンに噛まれたと思われるシマウマや、サイに遭遇。





動物だけでなく、月も幻想的できれいでした。



 

翌日は早朝6時から再びサファリへ



キリンやカバに遭遇しました!



サファリでは車に乗ってドライブするだけでなく、草原の中を歩くことできます!



みんなで集合写真!



ロッジに戻ると、部屋の目の前にサイが!



そしていよいよ南アフリカきっての絶景スポット、ブライデ・リバー・キャニオンへのツアーへ出発!

日本からのツアーではなかなか組み込まれることの少ないスポットですが、「緑のグランドキャニオン」とも称される、世界で2番目の規模を誇る渓谷なんです。(世界最大はアメリカのグランドキャニオン。)





ランチは渓谷の中の休憩スポットで!



絶景ポイントから眺めた後はボートクルーズ!





世界で2番目の規模の渓谷だけあって、壮大な大自然の絶景を味わうことができました!

ロッジに戻るとちょうど夕暮れ時。



夕食後は2度目のナイトサファリ。

ところが、ここで大きなハプニングが!

なんと、夜の草原のど真ん中で車がエンスト…30分にわたって立ち往生したのです!笑

やらかしてしまったガイド…笑



ライオンに襲われたらやばいねと言いつつも、別の車の助けが来るまで30分間みんなで大爆笑でした…笑



ちなみにこの日はガイドの厄日だったのか、動物はほとんど見れませんでした…笑

 

翌日はクルーガー国立公園の最終日。

早朝から最後のサファリです。

サイの親子や水中にいるカバを見ることができました。



そしてロッジの近くでは野生のチーターが保護されています。



とても人懐っこく、触れ合うこともできました!





クルーガー国立公園で過ごした2日間も終わり、次の目的地ケープタウンへ向けて移動です。

 

空港には野生のサルがすみ着いているようで、ポテトチップスを奪われました…

袋を器用に開けて食べています笑



ヨハネスブルグ経由でケープタウンまで5時間の移動。



ケープタウンへ近づくと、機内から美しい山並みが見えました。



ケープタウンへ到着!



翌日はいよいよ絶景だらけのケープ半島ツアーへ!

まずはケープタウン市内にそびえるテーブルマウンテンへ。

ロープウェイで頂上まで上ります。



頂上に近づくとこんな絶景が!



こんなアクティビティもあるそうです…笑



ケープタウン市内をバックに撮影!



テーブルマウンテンの後はペンギンに会いにボルダーズビーチへ。

野生のケープペンギンの繁殖地なのだそう。



可愛すぎるペンギンたちに一同大興奮で写真を撮りまくります。



ペンギンを見た後はオーシャンビューのお洒落なレストランでランチ!



そしていよいよケープ半島の最南端、アフリカ大陸の最南西端の喜望峰へ!



喜望峰の全体を眺めた後は、実際に岬の先端へ!





ケープタウンへ戻る途中も絶景でした!



夜は南アフリカ料理を堪能!

ラム肉がポピュラーで、肉自体はもちろん、特にソースが独特で美味しかったです。



翌日は終日フリータイム。

まずはカラフルな家々が並ぶ、ケープタウン市内のボ・カープ地区へ。

もともと東南アジアからの移民であるマレー人の居住区だったそう。



雑誌などに載せられそうな素敵な写真も!



カラフルな街並みで写真大会(笑)をした後は、市内を観光する組と、郊外のワイナリーツアーに参加する組の2手に分かれて行動しました。

市内観光では、屋根のない2階建て観光バスに乗って市内をぐるっと1周。

快晴の下、風を感じながら絶景を眺めるドライブは最高に気持ちがよいものでした!



途中に立ち寄ったキャンプス・ベイでランチ。



ケープタウン周辺はシーフードも有名です。こちらはケープサーモンと呼ばれる白身魚。



ワイナリーツアーでは、ステレンボッシュという南アフリカで2番目に古い街にあるワイナリーへ。



実は南アフリカ、特にケープタウンの位置する西ケープ州はワインの生産でも有名なんです。

様々なワインを試飲したり、



内部を見学したりと、ワイン好きにはたまらないツアーでした!



そしてついに最終日。

最後にホテル近くのウォーターフロントを散策。



ついに帰国です。



12人で行った南アフリカへの旅。

いろいろとトラブルもありましたが、12人の旅仲間全員で助け合い、笑って過ごした8日間でした!



そして、南アフリカは魅力が詰まった国。

自然、絶景、街歩き、グルメ・・・どれをとっても楽しめる場所です。

その魅力は、とてもここで書ききれるものではありません。

行ってみたいと少しでも思った方、ぜひ一度足を運んでほしいと思います。

 

以上、南アフリカ企画の報告でした!

 



trippieceコミュニティマネージャーの堀です。

韓国チェジュ島へ女子26名で行って来たので、その様子をご報告します。

 

結論:チェジュ島は、週末に羽を伸ばしたい大人女子にぴったり!

今回は、旅を通じて知ったチェジュ島でのおすすめの過ごし方をご紹介させていただきます。

S__1916941

成田から、チェジュ島までは飛行機で約2時間。(滑走時間が長いので実際は2時間半ほど取られていますが笑)

週末にささっと足を伸ばせる距離なので、働く女子にもありがたいですね!

私たちは週末+1日だけお休みをとって、2泊3日でゆっくり満喫してきました♪

 

<チェジュ島の楽しみ方①:絶景に癒される!>

島と言えば、何と言っても海。

チェジュは「韓国のハワイ」とも言われるほどにビーチが美しくて有名です。

休日には、観光客だけでなくたくさんの地元の方たちが海に出かけて楽しんでいました。

S__1933317

 

 

「オルレ」と呼ばれる島をぐるりと囲むウォーキングコースでは、海や丘、田園風景を眺めながらお散歩ができます。

私たちが歩いたコースには、沖縄に似た低い石垣のあるカラフルな家や藁葺きのような屋根の家が並んでおり、また違ったチェジュの景色が味わえました。

S__1933319

 

 

 

“正房瀑布”は、アジアで唯一の滝が直接海に注ぎ込む場所です。

私たちが訪れたタイミングでは、海に注ぎ込む辺りにはっきりと虹が出ていて、まさに絶景でした!

マイナスイオンもたっぷり浴びられますよ。

S__1916944

 

 

<チェジュ島の楽しみ方②:絶品グルメを心ゆくまで堪能する!>

旅に出る前に、メンバーの皆さんに”チェジュでやりたいこと”をアンケートで取ったところ、

ダントツに投票数が多かったのが「地元のグルメを味わう」でした。

だから旅の間の食事にはとってもこだわって、毎食毎食、お腹いっぱいチェジュの美味しいものを食べていました(笑)

 

初日の夜は、黒豚を。

チェジュでは、黒豚を出すときそれが本当に黒豚であることを示すため、少しだけ黒い毛を残した状態で出すんだそうです。

最初は黒い剛毛や毛穴を見て驚きましたが(笑)、食べる段階となるとその美味しさに、皆大喜び♡

がっつりディナーなのに、油が良質でさっぱりしているため、女性でもたくさん食べられました。

S__1916935

 

 

チェジュと言えば海鮮が美味しいことでも知られていますが、なかでもアワビは有名です。

どのアワビ料理にも、信じられない量のアワビが使われていました!

こちらの鍋のアワビは、テーブルに運ばれて来たときにはなんとまだ生きており、新鮮な海の幸を堪能させていただきました。

S__1916950

 

 

韓国は、スイーツやジュースなどもおしゃれで豊富。

市場のなかにあるソフトクリーム屋さんでは、珍しいチェジュみかんとピーナッツ味のスイーツを頬張りました♡

S__1916942

 

チェジュグルメのなかでも最も印象に強く残ったのが、こちらのタチウオの海鮮鍋。

韓国の中でも有名で、なかなか予約が取れないお店のようでしたが、グルメにこだわる旅ということもあって、今回はなんとか手配していただきました♪

1mを超える長さの高級なタチウオを調理するため、このお店では特製の長ーい鍋を使います。

タチウオのほか、ここでも生きたままのタコが入れられて、メンバーからは悲鳴が上がりましたが、美味しさと珍しさと楽しさに、お料理の満足度はMAXでした。

S__1916943

 

日が沈みかけた屋外での黒豚ディナーの様子♪

S__1916936

 

 

<チェジュ島の楽しみ方③:アクティビティを満喫する!>

チェジュは世界遺産や自然といった観光資源だけでなく、体験型アクティビティも充実しています。

私たちが体験したものをご紹介します!

 

まずは乗馬。

世界遺産の城山日出峰と海が見渡せる絶景スポットを馬に乗ってお散歩。

のんびりとした贅沢な時間でした。

S__1916939

 

 

 

この旅の中でも特に盛り上がったのが貸切クルーズ。

船内ではアルコール含む飲食物がフリー♪

ベッドがある部屋なんかもあって、セレブ気分で盛り上がりました。

S__1933316

…しかしデッキにでると景色も風も更に格別。

飲むのも忘れて、クルーズツアー中はほとんどの時間をデッキで過ごしている人が多かったです。

船の上で釣りをして、釣れた魚をその場でお刺身にしてもらえたり、陸からは見えない地形を船で近づいて見に行ったりと、1時間ほどのツアーでしたが、濃ゆーい体験となりました♡

S__1933318

 

 

<チェジュ島の楽しみ方④:フォトスポットを巡る!>

チェジュにはフォトジェニックなポイントがたくさん。

街にはとにかくカフェが多くあり、どこも雑誌に出てきそうなほどオシャレです。

車窓から景色を眺めていると、青い海をバックにカラフルなイスがならんでいたり、変わったオブジェがあったり。

カメラ片手に女の子同士で歩いていたら、すぐに撮影会が始まってしまいそうですね。

私たちも例外ではありません(笑)

 

「WE ♡ JEKU」

チェジュにすっかり魅了されたから、ここでは絶対撮らないとね〜!と。

S__1916952

 

 

オルレを散歩中、額縁のように一部だけくり抜かれた壁があったり。

その向こうにはやはり美しい海が見えます。

S__1916934

 

ホテルに戻る前にフレッシュジュースを飲もうとカフェに立ち寄ると、

カフェの中にもカラフルな絵が描かれた壁や、かわいいブランコなど、たくさんのフォトスポットが。

ちなみに韓国の方たちは、自撮り棒やお揃いのファッションなどを用意して、皆さん本格的(?)な写真を撮っていました。

オシャレさんが多い韓国の文化も勉強になりました♪

S__1916938

 

以上、チェジュ女子旅のご報告でした♪

今後、また他の季節にも行きたいなと思うので、機会がございましたら、ご一緒できるのを楽しみにしております!

 



こんにちは。trippieceインターン生の長嶋大貴です。

 

2016年3月31日をもってtrippieceは設立5周年を迎えることができました!

 

いつもtrippieceをご愛顧いただきましてありがとうございます。

 

そこで3月26日(土)、日ごろの感謝の気持ちを込めて、trippieceユーザーさん約200人をお招きし、5周年記念パーティーを開催いたしました!

 

ご来場いただいた皆様ありがとうございました。

 

DSCF6579

 

今回の会場は川崎のON THE MARKSでした。ここはゲストハウスとレストラン、パーティー会場が併設された施設です。

 

DSC_0002s (1)

 

朝から社員・インターン総出で準備を行いました。参加者の方々も早めにいらっしゃって、一緒に準備を進めました!

 

DSC_0005s

 

みんなで風船を膨らませながら、楽しくわいわいと会場の装飾を進めていきました。

今回は5周年ということで、装飾にもこだわりました!

 

DSC_0013s

 

ユーザーさんがtrippieceの企画で撮影した写真による旅の写真展の準備も。

パネルもみんなで協力して手作りしました。

 

DSC_0100s

 

準備もいよいよ終わり。開場の時間が近づいてきました。

 

開場時間になると、すでにたくさんのユーザーさんがいらっしゃっていました。

 

20160326-IMG_3635

 

受付を済ませ、ドリンクを受取った参加者の方は地下のパーティー会場へ。

 

20160326-_MG_8545

 

早速楽しい旅のお話で盛り上がっています。

 

DSCF6633

 

5周年記念感謝祭、いよいよスタートです!

 

DSCF6646

 

まずは代表の石田よりご挨拶。

trippieceへの想いについてお話しさせていただきました。

 

DSCF6663

 

そして、、、

乾杯!!!

 

DSCF6690

 

まずは、「旅」が当たる「ビンゴ」、その名も「タビンゴ」のスタートです!

 

DSCF6711

 

高級リゾートホテルペア宿泊券など、協賛企業さまのおかげでたくさんの方に豪華賞品が当たりました!

 

この「タビンゴ」は、個人戦でもあり、チーム戦でもあるという独自ルールでビンゴを行います。

チームのメンバーとビンゴを見せ合いながら、わいわい盛り上がってゲームは進んでいきます。

 

DSCF6757

 

これだけ参加者がいるのでリーチもこんなに!

でもなかなかビンゴが出ません!

 

DSCF6767

 

そしてついにビンゴの方が!

ビンゴの方が複数いた場合はさらにくじ引きで当選者を決めます。

 

DSCF6771

 

豪華賞品は誰の手に・・・?

参加者の皆さん一同、豪華賞品を前に注目が集まります!

 

20160326-_MG_8405

 

チームメンバーは初対面の方々が多かったにもかかわらず、皆さんビンゴを通して仲良くなったようです。記念撮影や旅のお話で盛り上がっていました!

 

20160326-IMG_3704
 

「タビンゴ」は大盛り上がりでした。賞品を獲得された皆さんおめでとうございます!

 

DSC_0106s

 

旅の写真展も大盛況です。絶景写真の前でお話も盛り上がります。

 

DSCF6958

 

続いては旅のトークライブです。

 

DSCF7085

 

trippiece代表 石田と、

ゲストの

『死ぬまでに行きたい!世界の絶景 』著者の詩歩さん

Lovetabi 代表のRemiさん

世界一周団体TABIPPO代表 清水さん

の4名による超豪華トークライブ!

 

DSCF710720160326-IMG_3715

 

おすすめの旅先や、旅先でのトラブルの話など、旅にまつわる様々なお話をしていただきました!旅好きにはたまらないお話に参加者一同、真剣に聞き入っていました。

 

DSCF7154 (1)

 

続いては、旅トークです。

旅トークでは、実際にtrippieceで企画をしたことのあるユーザーさんに登壇していただき、trippieceにまつわる思い出をお話ししていただきました。

 

DSCF7174 (1)DSCF7224

 

たすきをつないで日本一周、アイスランド旅と、聞いているだけでもとても楽しそうな企画でした!

 

DSCF7325

 

trippieceでこんな素敵な思い出を作ってくださって嬉しい限りです。

 

DSCF7365 (1)

 

最後のコンテンツは、trippiece AWARDです!

 

多くの企画に参加され、trippieceを盛り上げてくださった方、素晴らしい体験を多くの方に提供してくださった方を表彰させていただきました。

 

20160326-_MG_8589
 

1年間になんと130以上もの企画に参加してくださった方や、300名以上の方に企画を提供してくださった方もいらっしゃいました!

 

20160326-_MG_8653 (1)

 

 

いつもありがとうございます!

 

DSCF7478

 

多くの参加者の皆様のおかげで、楽しい時間を作りあげることができました!

 

5周年記念感謝祭の報告は以上です。

 

20160326-_MG_8662

 

いつもtrippieceをご利用くださっているユーザーさんのおかげで、今回こうして5周年を迎えることができました!

皆様本当にありがとうございます!

 

5周年を迎え、6年目に突入したtrippieceを今後ともどうぞよろしくお願いいたします。



trippiece ユーザーの皆様、関係者各位

いつもtrippieceをご利用いただき、ありがとうございます。

誠に勝手ではございますが、弊社では年末年始にかけて以下のとおり休業とさせていただきます。

■年内最終営業日 2015年12月25日(金)18時まで

■年末年始休業案内 2015年12月26日(土)〜 2016年1月3日 (日)

※休業中も、メールおよびフォームによるお問い合わせはお受けいたしておりますが、お問い合わせへのご回答は1月4日(月)以降となることがございます。予めご了承ください。 休業期間中は何かとご不便をおかけいたしますが、ご了承のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

株式会社trippiece



この度、弊社は下記の新住所にて営業を開始することと致しました。
社員一同、より一層のサービス向上に努めてまいりますので、今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

■ 新住所
〒108-0071
東京都港区白金台5-18-9 VORT白金台 202号室

■ 交通アクセス
白金台駅より徒歩6分、目黒駅より徒歩10分

■ 業務開始日
2015年7月7日(火)

【お問い合わせ先】
株式会社trippiece
メールアドレス:info@trippiece.com



こんにちは!

trippieceコミュニティマネージャーの堀です!

 

2015年3月31日、tripppieceは設立4周年を迎えました。

いつもtrippeceを盛り上げてくださり、ありがとうございます!

そんな感謝の気持ちを込めて、先日はユーザーさん約300名をお招きして4周年記念感謝祭を開催しました!

 

th_IMGP1245

会場は四谷三丁目のArtcomplex Center。

スタッフ総出で準備スタートです。

th_P3210004_DxO

 

 

早めにいらっしゃって「何か出来ることある〜?」と手伝ってくれる参加者さん。

みんなで作るtrippieceならではだなぁ、と嬉しい限りです♪

th_IMGP1224

 

写真部の皆さんは展示の準備中。

th_DSC_9161_1

 

フードコーナーも着々と準備が整ってきました。

th_IMGP1234

 

 

 

 

開場の時刻には既にたくさんの方が。

th_P3210006_DxO

 

受付にてチラシやノベルティを受け取り、地下のホールへ。

th_P3210009_DxO

 

 

発売前のサントリーラドラーやベルギービールはやはり大人気!

th_P3210015_DxO

 

 

大好評だった写真展。

th_P3210005_DxO

写真部の皆様、素敵な写真をありがとうございました。

(このブログで使用している写真も全て参加者の皆様から頂きました(^^))

th_IMGP1367

th_DSC_9312_2
美しい写真を目の前に旅の話も弾みます。

th_IMGP7486

th_DSC08920

以前の企画で会った方たち同士が同窓会のように集まる姿もちらほら。

 

 

いよいよ、感謝祭の始まりです!

th_2015_0321トリッピース感謝祭0009
 

会場は満員御礼!!

th_20130321-13
 

 

まずは代表の石田より挨拶。

創業からの想いをお話させていただきました。

th_DSC_9233_1
 

 

th_2015_0321トリッピース感謝祭0061

「かんばーい!!!」

th_2015_0321トリッピース感謝祭0063

 

 

 

続いて、メインコンテンツ「タビンゴ」のスタートです。

th_IMGP1282

 

「旅が当たる」×「ビンゴ」=「タビンゴ」は、名前の通り、賞品がとにかく超〜〜豪華!!

豪華クルーズや旅行ペアチケットを初め、ご協賛企業さまのおかげでたくさんの方に素敵な賞品が当たりました。

th_IMGP7520 th_IMGP7580

 

 

そのおかげで・・・

 

「賞品が欲しいか〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!?」

th_2015_0321トリッピース感謝祭0071

 

 

「おお〜〜〜〜〜〜〜〜〜っっ!!!」

th_20130321-18

見事な一体感が生まれました(笑)

 

ゲームスタート!

頑張るぞ〜♪

th_DSC_9261_1
 

感謝祭の「タビンゴ」は、”個人戦”かつ”チーム戦”という独自ルール。

チーム皆でビンゴカードを見せ合って、わいわいビンゴを狙います!

th_IMGP7593
 

300名もいるとリーチになる人もたくさん!

th_DSC_0423
 

同着ビンゴがいたら、さらにカードを引いて勝負です。

th_DSC_9285_1
 

見事勝利!チームメンバーの歓声が聞こえてきます。

th_2015_0321トリッピース感謝祭0111
 

賞品を獲得したチームで旅に出るのも楽しそうですね♪

th_20130321-19

おめでとうございます★

 

続いてのコンテンツはトークライブ。

弊社代表の石田 言行

ゲストの

世界一周団体「TABIPPO」代表 清水 直哉さん

「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」著者の詩歩さん

の3名より、旅のおすすめスポットや、普段聞けない旅中の恋愛話など、旅好きにはたまらないお話をしていただきました!

th_DSC08923 th_DSC_0475
3名と一緒に記念撮影された方もたくさんいらっしゃいましたね!

th_P3210065_DxO
 

 

 

ラストのコンテンツは「trippiece Award」。

この一年間、多くの企画に参加して下さった方、たくさんの方に素敵な体験を提供して下さった方を、皆様の代表として表彰させて頂きました。

th_2015_0321トリッピース感謝祭0175

 

 

昨年の3月31日からの約1年間で、なんと400名を超える方を旅&お出かけに連れて行って下さった方も。

th_DSC08931

いつもありがとうございます!

 

感謝祭のご報告は以上です。

th_DSC04440
たくさんの方とお会いできて、嬉しく楽しい時間でした。

私自身は司会もしていてお一人お一人とゆっくりお話することは適わなかったので、今後の企画でもまたお会い出来ることを楽しみにしています!

感謝祭にご参加くださった皆様、ありがとうございました。

そして、いつもtrippieceをご利用くださっている皆様、ありがとうございます!

 

5年めに突入したtrippieceを今後ともよろしくお願いいたします!

th_DSC04544

最後にスタッフ全員でパチリ。

(「トリッピースポーズ」随時募集中です笑)



こんにちは、trippieceインターン生の鈴木です。

trippieceといえば「ウユニ」!
trippieceを代表する企画に参加してきました。
 
image_2
 
タイトルの通り、一生忘れられない旅になりました。
生きてて良かったと本気で思いました。
 
 
▼【大好評】雨季のウユニ塩湖&マチュピチュを観に行こう!【2014-2015】
 https://trippiece.com/plans/2788/
(私はB7の学生優先日程で参加しました。)
 
B7日程は、14名のメンバー。
4年生が多めでしたが、中には「初海外が南米!」という1年生も居ましたよ~
 
大まかなスケジュールは下記です☟
 
1日目  成田✈アメリカ✈リマ
2日目  リマ✈クスコ、専用バスでクスコ観光
3日目  列車でマチュピチュへ、マチュピチュ観光
4日目  ワイナピチュ登山、列車でクスコへ
5日目  専用バスでプーノへ、チチカカ湖観光
6日目  専用バスでラパスへ、陸路で国境越え、夜行バスでウユニへ
7日目  ウユニ観光(列車の墓場、夕日、星空)
8日目  ウユニ観光(朝日、塩の工場)、夜行バスでラパスへ
9日目  ラパス観光
10日目   ラパス✈リマ、リマ観光
11日目    リマ✈アメリカ
12日目    アメリカ✈成田
 
上記のスケジュールから、いくつかピックアップして紹介していきます!
 
2日目
▼はじめてのご飯
ホテル近くのお店へ。常連さんがたくさん。
「メニューを見せてください」と頼むと、勝手に料理がどんどん出てきました…
「menu」という料理名の食べ物があったらしいです(笑)
 
P1010028
P1010025
 
▼クスコ観光
はじめにサント・ドミンゴ教会へ
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
教会のあったこの場所は、昔コリカンチャと呼ばれる太陽の神殿だったそう。
 
サクサイワマン城塞には、ものすごく長い壁…完成までに約80年かかったそう…
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
タンボ・マチャイで、はしゃぐと高山病になると言われながらもジャンプしちゃう人たち。
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
ケンコーは岩をけずって造られているそうです。肩入ってないよ!
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そしてアルマス広場~!
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
ヨーロッパみたい…
 
カテドラルや12角の石も見に行きました。
 
そして夜ご飯はアルパカのお肉や…
 
P1010089
 
クイ!!!(天竺鼠:テンジクネズミ)
 
P1010094
 
3日目
専用バスでホテルからオリャンタイタンボ駅へ
列車に乗ってマチュピチュへ!
 
image_3
 
車内ではお菓子と飲み物がもらえます。
マチュピチュ駅着後は、ホテルに荷物をおいて、混載バスでマチュピチュへ!
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
全員で「やっほー」したら怒られました、ごめんなさい。
 
image (1)
 
4日目
この日は朝からワイナピチュ登山!
朝起きた時は豪雨、登り始めはワイナピチュに雲がかかっていて、正直登山は無理かと思いました…
頂上に着いた時も、マチュピチュの方面は雲がかかっていて…
 
写真 2
 
だけど、風が吹いてきてマチュピチュくっきり見えました!
 
写真 3
 
運ありすぎて涙。
 
そして夜は、有志で温泉へ!
 
写真 (3)
 
プールのような見た目ですが、温泉です(笑)
「マチュピチュ 温泉」で検索すると様々なレビューが出てくるので、参考にしてください!
オススメは一番奥です♡
 

5日目
専用バスでプーノへ!
ガイドのミゲルが、パン(通称:座布団パン)を買ってくれました
 
P1010219
 
プーノ着後は、ペルーとボリビアの国境・チチカカ湖へ。
チチカカ湖にうかぶウロス島へは、ボートに乗って行きます。
 
P1010322
 
ウロス島はトトラと呼ばれる植物でできていて、家や船もトトラ製。
しかも食べられます。
 
P1010301
 
民族衣装も着せてもらって大満足!
メンズも着せてもらったよ♡(女子メンバーが着せましたw)
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
6日目
陸路でペルーからボリビアへ国境越えです。
そしてバスを乗り換え、夜行バスでウユニへ。
 
「お尻が3つに割れる」と経験者から言われていた夜行バスでしたが、私自身はすごく快適に過ごせました。
日本で格安夜行バス乗っている人だと、リクライニングもすごいし、ご飯も出るし、そこまで寒くないし、寝れれば勝ちですよヽ(*´∀`)ノ
 
7日目
ウユニ着後、メンバー全員そわそわしていました。
ガイドさんに、他の観光スポットを回ってから塩湖に行くと言われ、焦らされる私たち。
 
まずは列車の墓場へ。
 
P1010389
 
そしてお次は塩の工場へ。
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
そしてついにウユニ塩湖へ!!
 
P1010480
 
夕日も綺麗…
写真 2 (2)
写真 1 (2)
 
星空も綺麗…
 
image_2
image_1
image
 
8日目
朝日も綺麗…
 
写真 (4)
P1010756
 
出発の時間までウユニを満喫。青空ランチも最高でした。
 
P1010922
P1010858
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
P1010792
 
ウユニ市内にあった観覧車に乗ってみました(笑)
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
夜行バスでラパスに戻ります。
 
9日目
早朝ラパスに到着。
ラパスの「魔女通り」には、リャマのミイラ等魔除けがたくさんありました。
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
ボリビアは南米一物価が安いと言われているので、みんなお土産を買いまくりました。
関西人の値引きテクは見習いたいものです(笑)
 
10日目
早朝ラパスからリマへ!
リマの空港で、現地集合メンバー・ナスカメンバーとはお別れでした。
 
そして飛行機を乗り継ぎ、最終日12日目。
すべてのメンバーとお別れです。
 
別れる時には涙を流しているメンバーも居ました。
 
まだ出会って2週間も経っていないけど、同じ目的を持って集まり、
たくさんの思い出と絶景を共有した仲間です。
 
誰ひとりとして高山病にもならず、
マチュピチュ・ウユニで想像以上の絶景を見ることができた、
運を持ちすぎている14名のメンバーに感謝です。
 
写真 1
 
Gracias!
 



こんにちわ!いつもtrippieceをご利用頂きありがとうございます。Allaiance Managerの林です。

年末年始の年越し企画の記事が続きましたが、今回は社員旅行についてお伝えできればと思います!

私たち、trippiece社員は1/8、9に長野県、戸狩温泉にスキー・スノボ&温泉旅行に行ってきました!

10931110_629946783776757_520138877177728724_n

集合は7:00!と朝早かったので、行きのバスでは皆爆睡、、、かと思いきや!

この旅行の幹事をしてくれたコミュニティーマネージャーのあつにい、堀さんのおかげで楽しいコンテンツが盛りだくさん。

ゲーム大会で大盛り上がりでした!(チーム戦で様々なゲームに挑戦!ポイントを競います。)

なんと優勝商品はkindleだったのですが、優勝商品が発表されてからの社員の目は、それはもうみなほんきと書いてマジでした!笑

 

最初のゲームはノンバーバルコミュニケーションクイズ!

各チームがお題に沿って、お絵描き。自チームの絵が他チームに伝わるか?他チームの絵のお題がわかるか?

なかなか奥深いこのゲーム、序盤から大盛り上がりでした。

みなさんも一緒に、絵のお題をお考えください!

S__4997162S__4997164S__4997165

 

S__4997166S__4997167 S__4997168

S__4997169S__4997170S__4997171

S__4997172S__4997173S__4997174

答えはわかりましたか?

正解は左上から順番に石田言行(弊社代表)、象使い、パイロット、モモクロ、アンコールワット、リャマ(アルパカと答える人続出でした笑)

トマト祭り、ソフトバンクのお父さん、機内食、ゴリラ、トリッペン(trippieceの広報担当キャラクターです♡)、チェゲバラでした。

うまいけど伝わらない、下手だけど伝わる。コミュニケーションて奥が深いものだよな〜と改めて気づかせてくれたこのゲームでした(真面目)

そうこうしているうちに、バスは雪深い長野県飯山市に到着。

各々着替えてゲレンデに繰り出しました。

1505482_629946760443426_1522863313273120305_n

 

そんなゲレンデでも続いてのゲームが。

「遠近法」「ゲレンデに行きたくなる写真&キャッチコピー」「 Facebookのカバー写真」をテーマにチームで写真バトル!

歴代trippieceインターンをしてくれていたみんなのFacebookページに投稿し、いいねの数を競います。

傑作揃いでしたが、優勝チームの作品をどうぞご覧下さい。

 

①テーマ:遠近法

10433117_10205652364414931_7864741175369666604_n

②テーマ:「ゲレンデに行きたくなる写真&キャッチコピー」

10178080_10205652365174950_9047288480748075675_n

 

③テーマ:Facebookのカバー写真

S__4997178

実はどのテーマも優勝チームは同一!チームすもうの1人勝ちとなったこのゲームでした。

 

写真撮影も楽しみ、ゲレンデでひとしきり遊び、夕食を食べたあとは宴会場に集合し、お酒を片手にマシュマロチャレンジや大貧民、マシュマロキャッチを行いました!

(マシュマロチャレンジは渡されるパスタ、凧糸、マスキングテープ、マシュマロを使い自立式のタワーを制作。マシュマロの位置で高さを競います。)

S__4997189

S__4997210

 

S__4997191

S__3194986

 

みな真剣!

 

そしてゲームも終盤に近づくに連れ、どんどんヒートアップ!

 

大貧民は、富豪の気分を味わうべく、このトランプを使って行いました!

S__4997193

S__4997187

 

最後のマシュマロキャッチでは、マシュマロをキャッチする距離に応じて掛け金が4倍、6倍に。

 

もう逆転のチャンスはないため、各チーム大胆な賭けにでます。

そしてなんと!全ポイントをかけた6倍の距離からのチャレンジが成功します!

別チームではあったのですが、感動の瞬間に思わず涙ぐんでしまいました笑

unnamed (1)

 

優勝チームは1チーム。kindkeを手に入れられたのも一部の人でしたが波瀾万丈のゲームを経て、みなとの結束がより深まった社員旅行でした!

こんなに1つ1つのゲームに本気になり、結果に一喜一憂するみんなを見て、改めて良い会社だな〜と実感しました。何よりも、本当に楽しかった♡

 

幹事だったあつにい&堀さん、本当に有り難う御座いました。

S__4833301

最後にみんなでパチリ。

 

ということで第四回社員旅行のご報告は以上です。

最後までお付き合い頂き有り難う御座いました!



こんにちは!

trippieceインターンの鈴木です。

 

誰もが一度は行ってみたい!と思うであろう、モロッコのサハラ砂漠で年越ししてきました!

【12/29-1/5 年末年始】モロッコ!サハラ砂漠で年越しをしよう!!

https://trippiece.com/plans/3480/

 

初日の出もばっちりでしたヽ(´▽`)/

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

企画ページで話し合い、みんなから「行きたい!」と声があがった場所を中心に、8日間モロッコを周遊してきました。

マラケシュ、サハラ砂漠、フェズ、シャウエン(青の街と呼ばれている所)、カサブランカの順で、反時計回りでのモロッコ周遊です。

 

モロッコってそもそもどこにあるの?どんなルートで回ったの?

trippieceでの旅ってどんな感じなの?という疑問にお答えできればと思います(`・ω・´)

 

モロッコってどこにあるの?

モロッコはアフリカにあります!スペインのすぐ下です。

アラビア語が公用語ですが、フランス語と英語を話せる人もいます。

ちなみに今回のガイドさんはフェズ育ちで、アラビア語・英語・フランス語の3カ国語を話してました!(スペイン語も話せるって言ってたような…笑)

 

▼trippieceの旅って?

今回は全国各地から集まった、20代~40代の男女計9名で旅にでました!

もちろん全員初対面です。

ただ、「サハラ砂漠で年越ししたい!」と同じ想いを持った人たちが集まっているので、自然と会話も弾みます(^O^)

※この企画では、出発前に一度顔合わせ会を開催しました。

 

周遊ルート

1日目

夜、成田を出発!

トルコ・イスタンブール経由でモロッコ・カサブランカへ✈(約13時間)

 

2日目

カサブランカ着後は、モロッコの国鉄でマラケシュへ!(約3時間半)

DSC01341

「世界の車窓から」でも撮影されています。(6人のボックス席)

綺麗な夕日を車窓から見ることができました…!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みんな写真撮るのに必死(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マラケシュ駅はとっても綺麗でした!近代的!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一旦ホテルに戻って、「ジャマ・エル・フナ広場」へ!

この広場は毎日深夜1時頃まで、たくさんの屋台や大道芸で賑わっています。

 

夜ご飯はタジン鍋やクスクス、マラケシュバーガー!

そしてカサブランカビール!

 

3日目

早朝ホテルを出て、いよいよメインのサハラ砂漠へ向かいます。(約9時間)

途中では、世界遺産の「アイト・ベン・ハッドゥ」(たくさんの映画の舞台になっています。)に寄ったり、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バラが有名な街によったり、美容用・料理用のアルガンオイル(モロッコでしか採れないのです!)のお店によったり…!!

 

道端には羊もたくさんいましたよ~!(モンゴルと風景が似てました)

ちなみに道路はきちんとアスファルトで舗装されています。

 

トドラ渓谷にも立ち寄りました(^^)

2014-12-31 16.11.57

O

トドラ渓谷は夏すごく涼しいので、観光地として人気だそう。

(モロッコの夏は45度を超えることも!)

 

観光やお土産を買いながらの移動だったので、飛行機の移動ほど辛くはなかったです!

 

砂漠到着後は年越しディナー!

ディナー後はみんなで星を眺めました!

年越しの瞬間は、何故か「Happy Birthday」の音楽が演奏されていました…(笑)

 

宿泊は砂漠の上のあるテント。

トイレやシャワーは近くの別棟にありましたよ~!

 

4日目

ラクダに乗って、初日の出を見に行きました!!

雲一つない快晴で、本当に綺麗な初日の出を見ることができました!!

感動…(´・ω・`)♡♡

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2015-01-01 07.51.34

初日の出を堪能した後は、フェズへ!(約8時間)

途中モロッコのスイス「イフレン」に立ち寄りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてフェズではリヤドに宿泊!

部屋の中はこんな感じですヽ(*´∀`)ノ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

か、可愛すぎる…♡

 

リヤドは、モロッコ独自の建築方法で、中央が吹き抜けになっているのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夕食では、モロッコで有名な「ミントティー」をいただきましたよ~

 

5日目

フェズ観光からスタートです。

可愛い陶器がたくさんあったり、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブー・イナニア神学校に行ったり、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

王宮に行ってみたり、(ドアが本当に大きかった!)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フェズは細い道がたくさんあって、本当に迷路のようでした。

迷子になるのも楽しそう…!!

 

お昼は「パスティーヤ」という、ミートパイを食べました。

パイにはシナモンとシュガーパウダーがかかっていて、甘いのです。

(好き嫌いがわかれました(笑))

 

昼食後は、シャウエンへ!(約3時間半)

シャウエンのホテルもすごーく可愛かったです(^ω^)

unnamed

unnamed (1)

 

6日目

シャウエン観光です!

本当にどこを見ても青い青い!!

unnamed (2)

unnamed (3)

unnamed (4)

unnamed (5)

シャウエンを堪能した後は、カサブランカへバスで移動。(約4時間半)

 

7日目

出発までカサブランカ観光です!

モスク~!

DSC01947

スーパーでお土産を大量購入し、日本へ帰ります!

ガイドのazizとドライバーさんと記念に(^O^)

unnamed (6)

 

8日目

帰国後は、「またどこかで~」と言って解散しました!

移動が多くてハードな旅でしたが、みんなの行きたいところに行けましたねヽ(´▽`)/

またいつか一緒に旅しましょう~!

参加してくれた皆様本当にありがとうございました!!

 

モロッコにはたくさんの魅力があるので、本当にオススメです♡

trippieceでは3月やGWに、既にモロッコの企画が立っているので、気になる方はぜひチェックしてみてください^^