こんにちは。trippieceインターンの長嶋です。

先日、南アフリカ企画へ12名で行ってきましたので、その様子を報告します!

 

ちなみに参加した12名は全員が20代~30代で、うち4名が男性、8名が女性でした。



 

アフリカ大陸の一番南に位置する南アフリカ共和国。

2010年に行われたサッカーワールドカップを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

 

実際に行ってみると、南アフリカは「非日常」を体験するのに最高の旅先だと感じました!

サファリで野生動物に出会い、テーブルマウンテンや喜望峰といった絶景に酔いしれ、美味しい料理とワインを楽しめる、魅力が尽きない国です。



今回の企画では、下記のスケジュールで南アフリカを大満喫してきました!

3/14 成田✈香港✈ヨハネスブルグ

機中泊

3/15 ヨハネスブルグ到着後、国内線に乗り継ぎクルーガー国立公園へ

クルーガー国立公園にてナイトサファリ

クルーガー国立公園付近のロッジ泊

3/16 早朝のサファリを楽しんだ後、ブライデ・リバー・キャニオンのツアーへ参加

クルーガー国立公園に戻った後、2回目のナイトサファリ

クルーガー国立公園付近のロッジ泊

3/17 早朝のサファリを楽しんだ後、ヨハネスブルグ経由でケープタウンへ移動

ケープタウン泊

3/18 テーブルマウンテン、ケープ半島、喜望峰を巡る1日ツアーへ参加

ケープタウン泊

3/19 終日フリータイム

ケープタウン泊

3/20 ケープタウン✈ヨハネスブルグ✈香港

機中泊

3/21 香港✈成田

 

成田から南アフリカの玄関口、ヨハネスブルグまでは香港経由で約20時間のフライト。かなりの長旅です。

成田空港で集まったメンバーは10名。出発前に一度顔合わせ会を行いましたがほぼ初対面。

しかし、挨拶を交わすと、1週間一緒に過ごす仲間ということもあり、皆さんすぐに打ち解けておしゃべりし始めます。

香港からヨハネスブルグまでのフライトは南アフリカ航空。

いよいよアフリカへ行くんだなという実感が湧いてきます。



長旅を終え、いよいよ南アフリカへ到着です。

まず向かったのは、野生動物の宝庫、クルーガー国立公園。





空港からロッジに向かう間に早速動物に出会いました!

これはシカの仲間のインパラという動物です。



シマウマにも遭遇しました。



宿泊するロッジは大草原のど真ん中に位置していますが、設備は整っており、快適な滞在でした!



夕食後、早速ナイトサファリへ!

動物たちは見えにくいものの、昼よりも夜の方が活発な動物も多いそうで、遭遇確率は高いんだとか。



ライオンに噛まれたと思われるシマウマや、サイに遭遇。





動物だけでなく、月も幻想的できれいでした。



 

翌日は早朝6時から再びサファリへ



キリンやカバに遭遇しました!



サファリでは車に乗ってドライブするだけでなく、草原の中を歩くことできます!



みんなで集合写真!



ロッジに戻ると、部屋の目の前にサイが!



そしていよいよ南アフリカきっての絶景スポット、ブライデ・リバー・キャニオンへのツアーへ出発!

日本からのツアーではなかなか組み込まれることの少ないスポットですが、「緑のグランドキャニオン」とも称される、世界で2番目の規模を誇る渓谷なんです。(世界最大はアメリカのグランドキャニオン。)





ランチは渓谷の中の休憩スポットで!



絶景ポイントから眺めた後はボートクルーズ!





世界で2番目の規模の渓谷だけあって、壮大な大自然の絶景を味わうことができました!

ロッジに戻るとちょうど夕暮れ時。



夕食後は2度目のナイトサファリ。

ところが、ここで大きなハプニングが!

なんと、夜の草原のど真ん中で車がエンスト…30分にわたって立ち往生したのです!笑

やらかしてしまったガイド…笑



ライオンに襲われたらやばいねと言いつつも、別の車の助けが来るまで30分間みんなで大爆笑でした…笑



ちなみにこの日はガイドの厄日だったのか、動物はほとんど見れませんでした…笑

 

翌日はクルーガー国立公園の最終日。

早朝から最後のサファリです。

サイの親子や水中にいるカバを見ることができました。



そしてロッジの近くでは野生のチーターが保護されています。



とても人懐っこく、触れ合うこともできました!





クルーガー国立公園で過ごした2日間も終わり、次の目的地ケープタウンへ向けて移動です。

 

空港には野生のサルがすみ着いているようで、ポテトチップスを奪われました…

袋を器用に開けて食べています笑



ヨハネスブルグ経由でケープタウンまで5時間の移動。



ケープタウンへ近づくと、機内から美しい山並みが見えました。



ケープタウンへ到着!



翌日はいよいよ絶景だらけのケープ半島ツアーへ!

まずはケープタウン市内にそびえるテーブルマウンテンへ。

ロープウェイで頂上まで上ります。



頂上に近づくとこんな絶景が!



こんなアクティビティもあるそうです…笑



ケープタウン市内をバックに撮影!



テーブルマウンテンの後はペンギンに会いにボルダーズビーチへ。

野生のケープペンギンの繁殖地なのだそう。



可愛すぎるペンギンたちに一同大興奮で写真を撮りまくります。



ペンギンを見た後はオーシャンビューのお洒落なレストランでランチ!



そしていよいよケープ半島の最南端、アフリカ大陸の最南西端の喜望峰へ!



喜望峰の全体を眺めた後は、実際に岬の先端へ!





ケープタウンへ戻る途中も絶景でした!



夜は南アフリカ料理を堪能!

ラム肉がポピュラーで、肉自体はもちろん、特にソースが独特で美味しかったです。



翌日は終日フリータイム。

まずはカラフルな家々が並ぶ、ケープタウン市内のボ・カープ地区へ。

もともと東南アジアからの移民であるマレー人の居住区だったそう。



雑誌などに載せられそうな素敵な写真も!



カラフルな街並みで写真大会(笑)をした後は、市内を観光する組と、郊外のワイナリーツアーに参加する組の2手に分かれて行動しました。

市内観光では、屋根のない2階建て観光バスに乗って市内をぐるっと1周。

快晴の下、風を感じながら絶景を眺めるドライブは最高に気持ちがよいものでした!



途中に立ち寄ったキャンプス・ベイでランチ。



ケープタウン周辺はシーフードも有名です。こちらはケープサーモンと呼ばれる白身魚。



ワイナリーツアーでは、ステレンボッシュという南アフリカで2番目に古い街にあるワイナリーへ。



実は南アフリカ、特にケープタウンの位置する西ケープ州はワインの生産でも有名なんです。

様々なワインを試飲したり、



内部を見学したりと、ワイン好きにはたまらないツアーでした!



そしてついに最終日。

最後にホテル近くのウォーターフロントを散策。



ついに帰国です。



12人で行った南アフリカへの旅。

いろいろとトラブルもありましたが、12人の旅仲間全員で助け合い、笑って過ごした8日間でした!



そして、南アフリカは魅力が詰まった国。

自然、絶景、街歩き、グルメ・・・どれをとっても楽しめる場所です。

その魅力は、とてもここで書ききれるものではありません。

行ってみたいと少しでも思った方、ぜひ一度足を運んでほしいと思います。

 

以上、南アフリカ企画の報告でした!